不動産投資信託とはいかに投資の中で利点があるかご紹介します!

不動産投資の種類

不動産投資はその仕組み・特徴や必要な投資金額の多寡などによって、大きく3つに分類することができます。

1.現物不動産投資

現物不動産投資とは、マンションやアパート、オフィスビルの1棟丸ごともしくは1室などに直接、投資する方法のことをいいます。それを賃貸し、賃料収入を得る(インカム・ゲイン)ことや投資した不動産そのものの値上がりを得る(キャピタル・ゲイン)ことを目的とします。広島 賃貸では好条件の物件が豊富です。 現物不動産投資は、バブル崩壊前までは土地の値上がりが大きく期待できたこともあり、キャピタル・ゲインを得ること、もしくは相続税や所得税の節税を目的して行われてきました。しかし、最近では土地の価格が下落(※)したことで、他の金融商品などと比べ相対的に高い投資利回り(投資額に対する賃料収入の割合)が得られるようになったことからインカム・ゲインを得ることを主たる目的とする傾向が強まっています。具体的には、私的年金づくりの一手段などに活用されています。 今回ご案内します3つの中では、投資額や流動性(換金性)の面では劣りますが、ただ不動産に直接投資することになるので、最も高い収益性が期待できます。また、その物件のオーナーとしての実感を持てるなど、投資することでの精神的な満足度は高いといえます。

(※)2005年の公示価格(全国平均)では、住宅地はバブルの絶頂(1991年)と比べると5割強、商業地は3割強まで値下がりしています。ただし、地域による格差が出てきている点には留意する必要があります。

注目サイト

ホームシアター購入
https://www.avac.co.jp/contents/hometheater-index.html

Last update:2017/2/17

Copyright:(c)2008 投資Home's. All rights reserved.